月別アーカイブ: 2017年11月

乳酸菌が話題!子供の免疫力アップ栄養素

子供のインフルエンザを防ぐための注射に受診しました。
私は注射の瞬間は怖くて視認できないのに、娘は6歳なのに、注射の針をじっと見て注射針を注入されています。

 

予防接種終了後は怖かったーと表現していました。必要以上に怖いんじゃないかな?と想像しましたが、何も語れませんでした。最近、乳酸菌がアトピー改善に効果があることが明らかになってきました。実はアトピーの原因はいろいろありますが、感じるストレスや乱れた食生活によって誘因されることもあります。

 

多くのアトピー患者はおなかの環境があまり整備されていないため、乳酸菌のパワーで腸内の調子をを整えることが完治するための方法となるわkです。

 

先天性のアトピー性皮膚炎を抱えており、子供の頃は、親からの虐待を心配される程、痛々しい姿でした。
ありったけの方法を試してみても、全く効果が得られなかったのに、家を住み替えたところ、あっという間に肌がきれいになり、酷い痒みもおさまりました。できるなら、思い切って環境を一変させるのも、アトピー治療に向くのかもしれません。

私にとっては乳酸菌サプリメントといえば、やはりビオフェルミンです。
小さい頃から売られていたサプリであり、便秘や下痢や腹痛の時でも、いつだって私のお腹を守り続けてくれていました。

「人には人の乳酸菌」とCMで言われていますが、効果を実感できる乳酸菌サプリは、まずはビオフェルミンなのです。最近は毎年恒例のように冬になればインフルエンザが大流行しています。
年々予防注射で予防する人も増えてきているようですが、都市部では結構な数の人数が発症しています。感染の経緯は色々と考えられますが、特に電車や街中、仕事先など、大人数と空間を共にする場所でうつっていることだと思います。赤ちゃんがインフルエンザに感染したら、最も大変なことに陥ります。
まだ体力不足の赤ちゃんですから、インフルエンザがおこす高い熱に体が耐えうるのかが心配ですし、インフルエンザで亡くなることも無きにしも非ずでしょう。そう考えても、インフルエンザがはやっている時には、連れて出ない方が確実かもしれません。腸内の環境を整えておくと美肌になると聞いて、ヨーグルトを懸命に食べていましたが、そのじつ、ヨーグルト同様に納豆やお味噌といった食材も乳酸菌を含む食品らしいのです。

「乳」とついているから、てっきり乳酸菌は乳製品からしか摂れないと思い込んでいました。

 

これではちょっと照れくさいです。

 

夜中に熱が上がって、約40℃に上がって健康状態が悪かったので、翌日病院で診察してもらいました。インフルエンザの検査が実施できますよとおっしゃいました。

もし、インフルエンザに感染していたら、効果のあるお薬を処方してもらえるので、調べたいと念じました。

便秘になってしまっても、薬によって簡単に、解決することができるとは思いますが、薬にばかり頼るのはよくないので、やはりまず最初に食事を見直してみてください。

 

特に食物繊維を多く含む食品を摂ることが効果的で、不溶性水溶性、両方の食物繊維をあわせて摂るのが大切です。他にも野菜、海草類をすすんで食べましょう。屁の臭いに悩んでいる方は乳酸菌が効果があります。屁による臭いの元は内臓ある悪玉菌にあるとされています。子供に野菜サプリを与えるランキング

というわけで、お腹の中の善玉菌を増加させ、悪玉菌が増えるの、を防止する能力のある乳酸菌を継続して摂取ことにより屁の臭いを抑えることができます。